迫る2020年に向けて、プログラミング教育について考える「第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui」12/26開催!

プログラミングサミット福井

「これだ!学校のプログラミング教育」をテーマに、有識者が多数登壇

福井県を拠点に活動するこどもプログラミング・サミット実行委員会(株式会社ict4e/株式会社アフレル/株式会社jig.jp/株式会社ナチュラルスタイル/株式会社PFU/株式会社B Inc.)は、12月26日(水)「第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui」を開催いたします。2020年の小学校におけるプログラミング教育必修化に向けて、国内外で活躍する有識者をお招きし、「これだ!学校のプログラミング教育」と題し、学校でのプログラミング教育についてより具体的かつ実践的な取り組みや事例、教育現場では何をすべきなのかなど、現実的な目線での情報共有や議論を交わします。

こどもプログラミング・サミットとは?

2016年、福井県で初めて開催された「こどもプログラミング・サミット」は、公教育および民間教育で教える立場の方、教育に興味がある方、子どもたちの将来を考える方など、産学官の各界から広くお集まりいただき、プログラミング教育のアイディアを共有し、意見を交換する場となりました。これからの日本の教育に必要なアクションを共に考え、サミット後の活動につなげていくことを目的としたイベントです。

今回は、「これだ!学校のプログラミング教育」と題し、教育現場での取り組みに関する先行事例や課題・展望について議論を交わし、2020年に迫る小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、具体的な活動のヒントや方向性、情報などを発信します。有識者によるパネルディスカッションや、来場者全員が参加するグループディスカッションなど、「対話」を重視したプログラムとなっております。

ゲストスピーカー(順不同)

松田 孝 氏 / 小金井市立前原小学校 校長
上松 恵理子 氏 / 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 准教授
小宮山 利恵子 氏 / リクルート次世代教育研究院 院長、東京学芸大学 客員准教授
安藤 満佐子 氏 / 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室 課長補佐
利根川 裕太 氏 / 特定非営利活動法人みんなのコード 代表理事
牧野 百男 氏 / 鯖江市長
細田 大造 氏 / 金沢市副市長

開催概要

開催日:2018年12月26日(水)13:00~17:00(12:30受付開始)
会 場:ハピリン3F 福井市にぎわい交流施設「ハピリンホール」
〒910-0006 福井県福井市中央1丁目2-1
内 容:パネルディスカッション、全員参加型グループディスカッション
対 象:教職員の方、プログラミング教育に関心のある方
定 員:50名
参加費:無料(要事前申し込み)

主 催:こどもプログラミング・サミット実行委員会
協 賛:株式会社永和システムマネジメント
後 援:福井県教育委員会、福井市教育委員会、福井新聞社、福井県こどもプログラミング協議会
協 力:株式会社ict4e、株式会社アフレル、株式会社jig.jp、株式会社ナチュラルスタイル、株式会社PFU、株式会社B Inc.

申込方法

専用URLよりお申し込みください。
https://kps2018-04.peatix.com/
※申込締切:12月21日(金)※ただし、先着順にて定員に達し次第、締切となります。

こどもプログラミング・サミット実行委員会について

福井県に拠点を置く株式会社ict4e、株式会社アフレル、株式会社jig.jp、株式会社ナチュラルスタイルの4社で2016年に発足。2016年12月、福井発のプログラミング教育を考えるイベント「こどもプログラミング・サミット」を初開催し、教職員、行政、民間企業から多数の参加者を集める。2017年12月に第2回を福井で、2018年2月に第3回を東京にて開催する。2018年10月に株式会社PFUと株式会社B Inc.が実行委員会に参画。

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします