【2021年卒必見】全落ちから大手企業へ内定「夏採用就活体験談」

就活おすすめ情報

こんにちは。20卒で就活を終えたばかりのpicomacです。私は正直、就活でとても苦労しました。4年の8月までに1社しか内定をもらえませんでした。しかし、幸運にも大手企業に内定をいただくことができました。そこで今回は私の体験を元に「就活生のホンネ」や、内定ゼロから立ち上がった体験談やアドバイスを書きたいと思います。みなさんの就活の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

真似するには危険過ぎる(?)「私の就活フロー」

まずは、大学生であった私が行動した、すべての就活行動パターンを紹介します。これらすべてをこなしましたが、すんなりと希望企業への就職は難しい。まずは己を知り、自分の身の丈にあった就職先にターゲットをあてることが肝心ですね。

  1. 大学3年の6月からインターンの情報収拾を開始(この時は留学中でした)
  2. しかし、夏のインターンは一つも受からず
  3. 10月頃やっと1dayインターンに行き始める(2社ほど)
  4. 就活イベントにもぼちぼち参加
  5. 10〜11月頃にテレビ局の新卒採用が開始
  6. テレビ局に応募するも全て落選(面接に行けたのは1社のみ)
  7. 気を取り直してOB訪問をする(2人のみ)
  8. 3月いよいよ就活解禁クリエイティブ業界を志望
  9. 5月までに30~40社ほど応募(この時点で中小は2社しか応募せず…いわゆる大手病でした)
  10. 筆記試験でほとんど落とされる
  11. いくつか大手の面接にいくも、全落ち
  12. 6月末、持ち駒をなくす
  13. 浪人を覚悟するも、夏採用の存在を知る
  14. 浪人覚悟で、大手や中小の夏採用を受ける
  15. やはり夏採用は倍率が高くESで落とされることが多かった
  16. その中で唯一ESを通過した企業が…
  17. 「もうこれで落ちたら浪人だ」と決意し、死ぬ気で面接に挑む
  18. 「大手なんて受からないんだ」と半ば諦めかけていた矢先、「内々定」を貰う

私がオススメする就活サイト比較(70%対策可能)

さて、私が就活するうえでアカウント登録し活用した就活サイトを紹介します。それぞれ特徴や利点と難点、それにサイトの強みを活かした便利な活用法があり、どれが一番と判定できませんが、それぞれの感想を付け加えましたので、みなさんの就活の参考になれば幸いです。

評価 特徴 便利な活用法 感想
マイナビ ⭐️⭐️⭐️ 登録率No.1
  1. 気になる企業を一覧にする
  2. 模擬試験でテスト対策
  3. 自己PRの添削を無料で依頼
  4. イベントの予約
  5. 企業や業界研究
とにかく情報や機能が多くて便利。
リクナビ ⭐️ 掲載企業数3年連続No.1
  1. 気になる企業を一覧にする
  2. コラムを読む
正直、登録しなくても問題ない。
キャリタス就活 ⭐️⭐️ PDFで情報が貰える
  1. PDFをダウンロード(SPI問題集から企業研究まで様々な冊子がダウンロード可能)
  2. イベントの予約
マイナビに次ぐハイクオリティなサイト。
就活会議 ⭐️⭐️⭐️ 合格ESのウェブ参考書
  1. 先輩の合格ESを見ながらES作成
  2. 面接体験談を読みまくる
選考対策にはとても使えるサイト!
クリ博 ⭐️ クリエイティブ志願者向け
  1. イベント予約
  2. ポートフォリオの登録
クリエイティブ業界に重点をおいた機能やサービス、イベントが豊富。

スポンサードリンク

オススメの参考書

ここからは就活する上で参考になる書籍をご紹介します。このすべてを見なくてもいいので、いくつかだけでも目を通しておくことをお勧めします。

「四季報 業界地図」 ⭐️⭐️⭐️(業界研究はもちろん、筆記テスト対策としても役に立つ)
SPIのための参考書 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(就活生必須のアイテム)
マスコミ/エンタメ業界志願者向け ⭐️⭐️⭐️⭐️(筆記テスト対策はバッチリです)

最後に:なぜ私が内定を貰えたか

さて、こう言っている私も期間ぎりぎりで内定をもらえたわけですが、多くの企業に履歴書を送り面接を受けていく過程で、面接のコツや勝ちパターンを感じ取ることができましたのでご紹介します。

ゲーム依存になった人の実例

内定を貰うコツ

  1. 自己分析を徹底する
  2. 志望業界を絞る(広く受ける人もいますが、私は結果的に絞ったことで上手く行きました)
  3. 企業分析を徹底求める人物像と自分を寄せる
  4. ESで強調したい部分は【】などを使って工夫する
  5. 面接準備では逆質問もちゃんと考える(事業やニュースで疑問に思ったことなどを聞くと印象アップ)
  6. 親と面接の練習をする
  7. 業界や企業について色んな角度から見られるようにする

正直、私の就活は失敗だらけでした。 内々定を貰えたのも、今でも実感が湧きません。ただ、一つ言えるのは就活において「最後まで諦めない根性」が大切であるということです。
私も6月で半ば諦めていたのを夏採用の存在を知ってから一生懸命努力した結果、内定を取ることができました。もちろん全ての人が大手に内定を貰えるとは限りません。しかし、人生一度きりの就活を無駄に過ごすわけにはいきませんよね。
皆さんもどうか全力で就活に挑み、悔のない学生生活にしてください!

スポンサードリンク

就活おすすめ映画

就活で疲れた際は映画で息抜きすることもオススメです🤗。いずれも就職活動をテーマにした邦画ですので、時代にあっているしわかりやすいしリアルだしで、とても参考になりますよ。ぜひご覧ください。

おすすめアマゾンプライムビデオ

さて、私のリアル就活体験談いかがでしたでしょうか?
就職後もさまざまな角度でリポートしたいと思いますので、ひきつづきpicomacをよろしくお願いいたしますね!ではこれを参考に就活がんばってください。ではまた!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

@picomac

現在、都内大学生に通いながら就活中。映画、アートに興味があり、特にアジア映画のレビューやレポートを投稿すると思いますが、都内スイーツや食べ物処などもアップ予定です。よろしくお願いいたします。