ひたすら、ロボット・ロボティクスの最新情報を更新していくページ

AI、ロボット、ロボティクスが熱いので、その周辺の情報をツイッターを中心に集めまとめています。どんな未来が待っているのか、ニュースを見ただけではわからない人のために、ここをななめよみすれば AI、ロボットの社会がどう変わっていくのか、何が必要で、日本には何が足らないのか、ぼんやりとでも浮かんできたら幸いです。

講演、パネルディスカッション

「AI×ロボティクス」が切り開く未来~安宅和人×田川欣哉×西川徹×村田大介×川田忠裕

  • 安宅 和人
    慶應義塾大学 環境情報学部 教授/ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー)
  • 田川 欣哉
    株式会社Takram 代表取締役/ロイヤル・カレッジ・オブ・アート 客員教授
  • 西川 徹
    株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者/株式会社Preferred Infrastructure 代表取締役社長 最高経営責任者
  • 村田 大介
    村田機械株式会社 代表取締役社長
  • 川田 忠裕(モデレーター)
    川田テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長

ロボット、ロボティクス

電気自動車

2035年にイギリスでガソリン車販売が全面禁止される。英の他にもそれまでに内燃機関の自動車を禁止する方向に規制されるのは間違いないだろう。EV化の波は待ったなしだ。まずは電気自動車の増産・販売を提唱している世界有名メーカーの電気自動車CMを見てみよう。テスラが電気自動車で一番の有名メーカーだが、同社は今現在CMを出していない。

GM

フロント以外、まったく車体は見せていないが、有名バスケット選手をイメージキャラクターにおいて強い印象を受けるCM。

アウディ

アウディイートロンに乗った若い女性運転手が主人公に、アナ雪のテーマソングに乗ってハリウッド映画調の構成で、ガソリン車の排気ガスを不快な表情でディスる攻めた内容。

ポルシェ

タイカンで時代が変わった、というオチのある内容。

ボルボ

ボルボは完全電気自動車Polestar 2を中国で生産開始

その他、話題のEVメーカー

ここからはテレビCMではなく、新興企業が販売する予定の電気自動車PVをまとめます。

Rivian

テスラからサイバートラックが発表されたあとは影が薄くなってしまったものの、2021年から決まっている商品配達用のピックアップカーとしてAmazonから10万台の注文を受けたことが話題になり再注目となっているRivian

2021年、Amazonで活躍が待たれるRivianのピックアップトラック

モビリティー

スイス「Microlino(マイクロリノー)」

第一世代動画

電動バイク

その他

水滴を移動させる技術で、未来の自動ペインティングを予感させる動画。

第6の感覚

AIやロボットは、人間の感覚を超えた、人間が感知できない様々な「感覚を持つことができる」といわれている。どういうことなのだろうか。ヒントになる情報、ツイートをまとめた。

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。