新自由主義とは?

新自由主義とは

新自由主義

= 規制緩和や撤廃によって、民間の自由な活力を国の成長に繋げようとする経済政策。

債務危機で国際通貨基金(IMF)など国際金融機関が融資の条件として債務国に規制緩和・撤廃を求めたことで、中南米各国をはじめ世界に広まる。

  • 緊縮財政や外資導入
  • 国営企業の民営化
  • リストラ
  • 公共料金の値上げ
  • 補助金カット

等を進めることで、貧困層の生活を直撃

南米での実例

  • ベネズエラ大統領選でのチャベス政権誕生
  • エクアドル政変
  • アルゼンチン
  • ボリビアでの暴動

など、新自由主義への反対を掲げた市民らの反発が、南米の左派政権誕生の要因とされている。

日本国内では

公共事業に既得権を持つ官僚組織、族議員をはじめ、自民党の保守的立場から政策が円滑化されていない。かつて小泉政権は、郵政民営化のスローガンで党内の抵抗勢力との摩擦を繰り返した。

まとめると

国家レベルの大リストラ策だが、目新しい政策ではなく、保守的で国民の反発でかえって左派を勢いとなりうる、両刃の刃。

twitterのコメント

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします