「日本人、ランチのため3分早く会社を出て謝罪」海外でニュースに、英ガーディアン報じる

「日本人、ランチのため三分早く会社を出た件で謝罪」と英国紙「ガーディアン」が報じました。

実際のニュース動画

日本では労働者が3分早く昼食をとって罰せられました。職員が勤めていた会社の役員は記者会見を開きTVで謝罪。
神戸市西区の水道局の従業員(64)は、昼休み3分前に机を離れたことが判明した後、26日の間に7回にわたって、会社から罰金と戒告を受けたという 。水道局の責任者は「深く遺憾」と表明、謝罪した。

ツイッターの口コミでは

  • 「サービス残業は、絶対に毎日三分以上あるのに、それは問題とされない。」
  • 「きっと3分早く会社に戻って来てるんだろ〜な〜笑笑」
  • 「現実が虚構新聞を追い抜いてしまったな。」

と、呆れる感想がほとんど。
ランチの混雑を避けるために早めに席を離れたいところですが、3分が処罰のデットラインであることがこの件が前例となりはっきりしたようです。ということは食堂の前には、避けられたはずの行列ができ、3分早く出れば時間を無駄にしないで済んだ、なんて会社を恨んではいけません。

電車が遅れて鉄道会社が謝罪するニュースが最近あったばかりですが、公衆道徳を守る礼儀正しい国民性である反面、日本の常識や社会でのルールは世界から見て厳しすぎるようで、とくに労働環境の面では奴隷のように映っているのかもしれませんね。

ツイッターの反応

「日本人、ランチのため3分早く会社を出た件で謝罪」海外でニュースに
「日本人、ランチのため3分早く会社を出た件で謝罪」と報じる英ガーディアンHPより

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします