キーボード不要!手の動作で入力するマイノリティーリポートのようなウェアラブルキーボード

キーボードがいらない、新感覚のキーボードが発表され話題となっている。メリケンサックのようなデザインのこのキーボード。まったくキーの形になっていないのだが、手の動作で入力するウェアラブルキーボードとなっている。

ARキーボード

ARキーボード

手にはめて、文字通りタップすると指の動きを認識し、センサーによって文字が入力される仕組み。アルファベットや記号は動かす指やタップ回数のパターンでそれぞれ決まる。Airキーボードと言えるこれさえあれば、例えば、人目をはばかりこっそりメッセージを送ることも可能だ。

ARキーボード

キーボードがなくても身の回りの平面が即座にキーボードになってくれる。これならキーボードだけでなくマウスやジョイスティック、3D入力端末など大掛かりなハードウェアが今後不要になり、AR技術を完成させる未来のデバイスになる可能性を秘めている。

ARキーボード

文字入力だけでなく、マウスやゲームコントローラー、それにVRといったヴァーチャルデバイスとの連携で操作は格段とリアルに近づくだろう。

ARキーボード

さらに、PCやスマホに触れずに操作ができる点で各文字の入力パターンを覚えるには骨が折れそうだが、このデバイスの専用アプリを使えばゲーム感覚でパターンを覚えることができるという。AR的なブラインドタイピングの世界を広げ未来を体験させてくれそうだ。

ARキーボード

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします