サンチュをベランダの鉢植えで種から育てるプランター菜園に挑戦

韓国で、お肉を巻いて食べることで知られる「サンチュ」。日本では「チシャ菜」の名で親しまれ、より専門的には「包菜(つつみな)」「掻き萵苣(かきちしゃ)」「茎萵苣(くきちしゃ)」という名前がある。そんな庶民の野菜をベランダで手軽に育ててみようと思います。

種まきと収穫表

項目内容補足
種まき期【春】2月〜4月
【秋】8月〜9月
種まき方法30cm間隔3~4粒1cm間隔のすじ撒きでもOK
収穫期【春】5月〜6月
【秋】10月〜11月
収穫方法全葉採らず、上5~6葉残す外葉から15cmくらい
野菜の培養土酸性に弱い
水やり乾いたらたっぷり
日当たり必要風通し良く
温度15~20℃
間引き葉が触れない程度に本葉4~5枚の時には1本立ちするように
肥料落葉や収穫後期に
害虫風通しいいなら心配ない
菊似の黄色い花
注意点

根腐れ:水や肥料を与えすぎると根腐れする。土の表面が乾いてから水を与えること。

真夏はNG:暑さに弱い(葉が硬くり食用に適さなくなる=トウ立ち)。

夜間の街灯:夜は暗い場所に(葉が硬くり食用に適さなくなる=トウ立ち)。

この記事を書いた人

生活技術

忙しい生活をまとめてシンプル。新しいライフスタイルを提案するネットマガジン「生活技術」の編集長です。記事へのコメントはご遠慮なくどうぞ。気になることやご不明な点などありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。